So-net無料ブログ作成

知っておきたい美容・ダイエット情報をチェック!

女性なら知っておきたい美容やダイエット情報を紹介します。

 
前の10件 | -

二日酔いの辛い吐き気にお勧めの漢方はこちら! [二日酔い]

二日酔いの症状に人によって様々ですが
吐き気、胃のむかつき、胃痛などの症状が出やすいタイプには
こちらの漢方がお薦めです!


その漢方が・・・・


半夏瀉心湯です。




できれば、半夏瀉心湯だけでなく
五苓散と併用して服用した方がいいです。




お酒を飲むと吐き気に悩まされる方の飲み方として、
お酒を飲む前に、半夏瀉心湯と五苓散を服用して、
さらに寝る前にも飲んでおいた方が予防になります。


ただし、


半夏瀉心湯と五苓散を事前に服用するとお酒がいつもより飲めますが
だからと言って、飲みすぎると二日酔いになりますので
くれぐれも飲みすぎには注意してくださいね!


今日紹介した二日酔いの吐き気の漢方薬、半夏瀉心湯と
五苓散はドラックストアで購入できますが通販でも購入できますよ!



⇒半夏瀉心湯を楽天でチェック!



⇒五苓散を楽天でチェック!




































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

二日酔いに効く漢方ドリンクとは? [二日酔い]

お酒は好きだけれども、二日酔いが怖い。。。

という方は多いと思います。

二日酔いを気にせずお酒を飲みたい方にお勧めの漢方薬があります。

二日酔いのための漢方薬は何種類かありますが、
まずみなさんに知ってほしい漢方薬が・・・・

黄連解毒湯と五苓散






黄連解毒湯だけ、五苓散だけでもいいのですが、
この2つを組み合わせたほうがいいです。

飲み方ですが、まずお酒を飲む1時間前に服用して、
飲み終わった後寝る前にもう一度服用するといいです。

次の日、体がだるく、重い場合は、また服用してください。

お酒を飲むと体が浮腫みやすくなります。
その浮腫みが頭痛、吐き気、体のだるさを引き起こします。

漢方薬を服用して尿が出れば症状は改善傾向にあります。

ぜひお酒を飲む機会があれば試してみてください。


ただし、


誤解しないでほしいのですが、今回紹介する漢方を服用したからといって
二日酔いは全くないわけではありません。
漢方を服用するといつもよりお酒が飲めるようになりますが、
量を超えると二日酔いになるのでほどほどにしておいてくださいね。

今回、紹介した漢方薬は大正製薬から大正漢方胃腸薬という名前で ドリンク剤として販売しています。

大正漢方胃腸薬は二日酔いに効く漢方ドリンクとして
ドラックストアで購入できますが、通販でも購入できますよ。



⇒大正漢方胃腸薬を楽天でチェック!






















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

お酒で酔わない漢方って何? [二日酔い]

お酒好きの方は、

「お酒を飲んでも酔わない方法があればいいな?」

と思ったことがあると思います。


お酒を飲んでも酔わないというのは間違いで
悪酔い、二日酔いがなく飲めるのが理想です。


おいしくお酒を飲むためのサプリメントが色々紹介されていますが、
私のお勧めは漢方薬です。


二日酔いを防ぐ漢方もいくつかありますが、
その中で、まず知ってほしいお酒で酔わない漢方が・・・・


黄連解毒湯と五苓散







黄連解毒湯だけ、五苓散だけでもいいのですが、
この2つを組み合わせたほうがいいです。

飲み方ですが、まずお酒を飲む1時間前に服用して、
飲み終わった後寝る前にもう一度服用するといいです。

次の日、体がだるく、重い場合は、また服用してください。

お酒を飲むと体が浮腫みやすくなります。
その浮腫みが頭痛、吐き気、体のだるさを引き起こします。

漢方薬を服用して尿が出れば症状は改善傾向にあります。

ぜひお酒を飲む機会があれば試してみてください。

ただし、

誤解しないでほしいのですが、今回紹介する漢方を服用したからといって
二日酔いは全くないわけではありません。
漢方を服用するといつもよりお酒が飲めるようになりますが、
量を超えると二日酔いになるのでほどほどにしておいてくださいね。

今回、紹介した漢方薬は大正製薬から大正漢方胃腸薬という名前で
ドリンク剤として販売しています。

ドラックストアで購入できますが、通販でも購入できますよ。



⇒大正漢方胃腸薬を楽天でチェック!




















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

二日酔いを予防する漢方 黄連解毒湯と五苓散がお勧め [二日酔い]

忘年会やお正月、新年会の季節はお酒を飲む機会が多いですね!

お酒を飲むのは楽しいですが、怖いのが二日酔い
せっかくの席で二日酔いを気にして飲むのもさみしいものです。

どうせ飲むなら楽しく飲みたいものですね!

そこで、

二日酔いを防ぐお薦めの漢方薬があります!

二日酔い対策の漢方はいくつかありますが、
その中で、まずみなさんに知ってほしい漢方薬が・・・・

黄連解毒湯と五苓散






黄連解毒湯だけ、五苓散だけでもいいのですが、
この2つを組み合わせたほうがいいです。

飲み方ですが、まずお酒を飲む1時間前に服用して、
飲み終わった後寝る前にもう一度服用するといいです。

次の日、体がだるく、重い場合は、また服用してください。

お酒を飲むと体が浮腫みやすくなります。
その浮腫みが頭痛、吐き気、体のだるさを引き起こします。


漢方薬が効いているかどうかの目安は、
漢方を服用して尿が出れば症状は改善傾向にあります。


ぜひお酒を飲む機会があれば試してみてください。

ただし、

誤解しないでほしいのですが、今回紹介する漢方を服用したからといって
二日酔いは全くないわけではありません。
漢方を服用するといつもよりお酒が飲めるようになりますが、
量を超えると二日酔いになるのでほどほどにしておいてくださいね。


今回、紹介した漢方薬は大正製薬から大正漢方胃腸薬という名前でドリンク剤として販売しています。
ドラックストアで購入できますが、通販でも購入できますよ。



⇒大正漢方胃腸薬を楽天でチェック!



















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

女性ホルモンの変化がおよぼす手指の症状の代替治療 [女性ホルモン]

女性ホルモンの変化がおよぼす手指の症状の
代替治療として食品の選択もあります。


近年の研究によると大豆イソフラボンの一種で
腸内細菌に代謝されてできるエクオールという物質に
エストゲンに似た作用があることがわかりました。


エクオールは女性ホルモンの減少によるさまざまな症状の
予防や軽作減と言った用が報告されています。


このエクオールを手の痺れや指の関節痛のある
更年期以降の人に毎日10mgずつ3か月間摂取したところ
症状が落ち着いた方が多くいました。

このように、

50歳以降の手指の痛みや痺れに対して
食品などの代替療法も効果が見られる可能性があります。

これまで手指の使いすぎや年齢のせいだと治療を
あきらめていた方は主治医やかかりつけ医に相談のうえ
取り入れてみるのもいいでしょう。


続いて
エクオールはどのように作られるか?


















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

女性ホルモンの変化がおよぼす手指の症状の治療法 [女性ホルモン]

手指の関節の痛みは50歳前半、変形は60歳代からが最も多く、
手指の痛みに対して適切な治療がされずに7~10年経過して
変形に至った可能性が高いと考えられます。

治療法は
①安静・固定
②薬物療法
③手術
の順で行うのが基本です。

更年期症状の治療法として漢方療法、向精神薬、
カウンセリング心理療法などがありますが、
手指の症状に対してあまり効果が期待できないことがわかっています。

エストロゲン補充療法は更年期症状の緩和には役立ちますが、
すでに変形している関節の痛みなどには症状改善が乏しいことが報告されています。

続いて
女の性ホルモン変化がおよぼす手指の症状の代替治療について














nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

女性ホルモンの変化がおよぼす手指の症状 [女性ホルモン]

1、手指の痛み・変形も更年期症状のひとつ

50歳以降の女性に起こる手指の痛みやしびれ、腫れ、
変形といった症状は、手指の酷使や加齢が原因だと考えられてきましたが、
エストロゲンの減少が関与している可能性があります。

2、女性ホルモンと手指の症状の関係

エストロゲンはエストロゲン受容体という受け皿に
くっついてはじめて効果を発揮します。

エストロゲン受容体は手指の関節や靭帯にも含まれており
更年期以降はエストロゲンの分泌が急激に低下することで
患部の痛みや腫れを引き起こす可能性があります。

さらに、患部が腫れて神経が圧迫されるとより
症状が重くなる恐れがあることから適切な予防や治療が必要です。


続いて
手指の症状の治療法について
https://kenkoujyouhoukyoku.blog.so-net.ne.jp/2018-08-04-4















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

女性ホルモン減少により起こる身体異常 [女性ホルモン]


女性ホルモンは脳から卵巣に指令が送られて分泌されますが、
更年期には卵巣の機能が衰えて女性ホルモンが
出なくなるため脳がパニックを起こします。

何度も脳から指令が出されることで
自律神経が乱れて身体の不調が起こります。

この更年期におけるさまざまな不調を更年期症状といいます。

更年期症状は、エストロゲンの減少だけでなく、
ストレス(仕事や家庭環境など)や自身の性格なども
複雑に関与するため個人差があります。

また、全身のあらゆる箇所で身体の不調が起こるといわれ、
これまで年齢のせいや使いすぎとして見過ごされてきた手指の変形、
痛みやしびれなども更年期症状の一子ではないかと言われ始めています。

このように女性ホルモンは女性の一生に大きな影響を与えています。

急激に減少する更年期から高齢期まで健康な日常を送るために
もきちんとしたケア、生活習慣の見直しが大切です。


主な更年期症状

<精神神経系>
頭痛、めまい、耳鳴り、もの忘れ、憂鬱、
判断力・集中力の低下、不眠、不安感

<消化器官系>
食欲不振、吐き気、便秘

<泌尿器・生殖器系>
月経異常、頻尿、残尿感、尿失禁、性器下垂感、
外陰掻痒感、膣乾燥、萎縮性膣炎

<血管運動神経系>
のぼせ、ほてり、発汗、冷え、動悸、息切れ

<運動器官系>
肩こり、腰痛、関節痛、手指の痛み・変形

<皮膚・分泌系>
皮膚や粘膜の乾燥、湿疹、発汗、ドライアイ、ドライマウス


続いて
女性ホルモンの変化がおよぼす手指の症状について
https://kenkoujyouhoukyoku.blog.so-net.ne.jp/2018-08-04-3




















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

女性のライフステージと女性ホルモンの関係 [女性ホルモン]


女性は一生の間に4つのライフステージを経験します。

エストロゲンの分泌を見ると、初潮を迎える頃(思春期)から増え始めて、
20~30代(性成熟期)でピークを迎えます。

その後、40代から急激に減少して閉経を迎え(更年期)、
その後(高齢期)は分泌が乏しい状態となります。

更年期は閉経を迎える前後10年間のことをいいです。

続いて
女性ホルモン減少により起こる身体異常について
https://kenkoujyouhoukyoku.blog.so-net.ne.jp/2018-08-04-2















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

女性ホルモンとは? [女性ホルモン]


人間の体内には100種類以上のホルモンが分泌され、
性ホルモンは生殖機能や身体を健康に保つ役割があります。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの
2種類があり主に卵巣で作られます。

女性ホルモンは月経周期に合わせて増減し、
このバランスが乱れると生理痛、月経前症候群(PMS)、
肌荒れ、ニキビなどの体の不調が起こります。

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、
閉経前には卵巣で作られますが、閉経後は脂肪で作られます。

高齢期にみられる体脂肪の増加は、閉経により大幅に減少した
エストロゲンを補うための代償作用ではないかと言われています。


<エストロゲン>

女性の体を妊娠可能な状態にする
女性らしい体を作る
基礎体温を下げる
自律神経を整える
骨密度を高めて骨を丈夫にする
コレステロール値を正常化させる
動脈硬化を抑制など


<プロゲステロン>

受精卵が着床しやすい状態に整える
妊娠をサポートする
乳腺を発達させる
食欲を増進させる
血糖値を正常にする
体脂肪を減少させる
基礎体温を上げる


続いて
女性のライフステージと女性ホルモンの関係について
https://kenkoujyouhoukyoku.blog.so-net.ne.jp/2018-08-04-1














nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。